Think Secure Energy

安全なエネルギーを考える会とは

secure
一般庶民の立場から、真面目に安全なエネルギーを考えたい安全に生活したい
そんな思いからこの会は生まれました。私達は学者でもなく、一般人、主婦などです。

私達には、安全なエネルギーを選ぶ権利があります。

まずは私たちの認識の底上げをしていくことを目的としています。
「考えられる人になること」「知識を身につけていくこと」「無理せず出来ることから始めていく事」 を重視しています。スウェーデンのように 民衆から自発的に 環境を考える社会を構築していく為にまず、知識を身につけていきたいと会では考えています。

安全なエネルギーを考える会では、普段はメールで情報をやりとりし、WEB上に互いの感想などを意見交換し、皆で情報交換をしています。まずはメール会員(年会費1000円)から始めてみませんか?
年間NEWSレターを読むだけで 世界視点のエネルギー知識が身につきます。日本のエネルギー情報は北欧・ドイツなどにくらべ15年くらい遅れています。

===会員募集====
■会の目的と活動内容
  現在会員を募集中です!

安全なエネルギーに関心がある個人 団体の皆さんへ インターネットを通し、知識を得られる環境を提供します。

基本はメール会員から:みなさんNEWSレターを読みながら知識を身につけています。外に出ての集まりは 都合のつく希望者のみで 強制的な行事は一切ありません。基本は電子上、インターネット&NEWSレターでの学びです。
注:本サイトで提供する情報は「世界で開発されている安全なエネルギーのご紹介」がメインです。フリエネの情報も含め情報発信しておりますが、フリエネ機械が実在しても その機械を利権なく使える世の中にならなければ 50年~100年経過しても私達の身近にフリエネが正しく普及されていきません。また利権がないように見えても、一見無料に見えても、先々の展開に下心のある団体もあります。本当に提供側に邪心がないのかも見る目が必要です。
フリエネが使える世の中に変化していくにはどうすればよいのかという情報も含め、皆さんの知識の底上げをしていきます。「フリエネマシンマニア」の方や「設計図入手が目的」の方には不向きな面もあります。ご了承ください。
本会の会長の主観の入った情報発信です。
地球の平和的なエネルギー移行への知識をお求めの方は メルマガをお勧めします。
戦って勝敗をつけて何かを勝ち取るのではなく柔和に知識と平和を増幅する中でフリーエネルギーを体現する方向性です。

前ミーティングや環境映画上映:小さなお子さんがおられる方で 実際に集まってお話を聞きたいという方は、ご自宅での出前ミーティングも開催可  ※条件あり。現在、関東・神奈川地域が中心となります。

エネルギーの種類にはどんなものがあるの?私達のメディアに流れてこない情報は?現在の地球上で使用されているエネルギーを世界の視点で「本当の所どうなっているのか」を知ることなど 年間のNEWSレターを読みながら身に着けていきます。「自分たちでエネルギーについて考える力」を養います。
諸外国とのエネルギー情報の格差を埋める為の情報発信、フリーエネルギー情報以外にも 従来活用されていた非電化の生活の知恵を学ぶことも行います。
お子さん・お母さんむけに ママミーティングへのお話出前&紙芝居など、自然エネルギー・安全なエネルギーについて親子で楽しみながら知識を身に付けられる機会を提供します。
お子さん向けには 青いうさぎ マルタくんの紙芝居会やアイヌのミーちゃんの共生がテーマの紙芝居を行っています。

会員には3種類あります。一般の方で知識を深めていくことを目的としています

まず、情報を知っていきたい、という方は メール会員から始めてみませんか?
(月々にしてたったの 83円程度です)
問い合わせのコンタクトフォームより お問い合わせ下さい。
((※メール管理は現在 ボランティアスタッフが 2週間に1回ほど まとめてチェックしています。 お返事が一般的なお問い合わせより遅くなります。ご了承ください)

■メール会員 ■年会費 1000円 :安全なエネルギーについてNEWSレターを受け取りながら一緒に考えて行きたい方
(月々にしてたったの 83円程度です)
■賛助会員  ■年会費 3000円 :神奈川(主に神奈川周辺)・活動にご賛同、ご協力いただける方でご寄付にてサポートいただける方(NEWレターも届きます)
■企業会員 ■年会費 1万円 :会社組織の方など
安全なエネルギーを考える会の方針にご賛同いただけ、会社やオフィスの電力などを自然エネルギーへと移行していきたい意思のあるサポーター企業様を募集しています。(NEWSレターに 貴社のエコ活動などの記事をお入れすることが可能です。)個人企業様もOKです。自然食レストランなど経営されている方も歓迎です!

実際に意見交換会・環境紙芝居の活動など、具体的な活動をしていきたい方は上記の会員種類問わず、ご参加いただけます。賛助会員でなくとも、メール会員さんに所属されてのマンパワーでも大歓迎!
お金がないと何も出来ないという発想から脱出しましょう。無理をしなくても出来ることはたくさんあります。現在、高額な料金で偉い先生を呼んで話しを聞くということは考えていません。

===========
会員の方には 会の催事の日時や お知らせ等の newsletter をお送り致します。(催事は不定期)
===========

Think Secure Energy への98件のフィードバック

  1. yukiotsukiji のコメント:

    基本的に、私は原発は反対です。何故なら、使用核燃料を完全に処理できずに、地下に埋めるなどは100%核を理解していないのではないですか?何十年・何百年も地下に埋めたり、海底の底に貯蔵するなど論外です。これでは安全だと言い包められているのではないですか。今回の震災で原発がどれだけ安全かどうか理解したと思います。

    また、残念なことにフリーエネルギー開発に全力を投資するつもりがなく、例えば、完全なフリーエネルギー開発までの移行期に必要な、原発の代替え案としての、メタンハイドレートの開発費などは極端に研究費が低く、全く開発する意思がない。本当に数百万単位なのです。一回の調査船を出してしまえば、それで終わり。核研究の場合は兆がついているのに、愕然とします。

    これは、石油や、原発の利権から得る利益を維持するために、開発研究費を抑えていると言われても反論できないのではないですか。私たちの連携で、原発への投資はこれ以上止めさすべきで、フリーエネルギー開発の方向へ移行すべきです。それが、子孫たちが安全に暮らしていける、私たちのやるべき事でしょう。

    • 楠山祐輔 のコメント:

      超小型原子炉やドクター中松さんの「完全に安全な原発」やトリウム原子炉などは、かなり安全性が高いようですよ!

      • 楠山祐輔 のコメント:

        完全に安全な原発とは「ドクター中松・SEE」のことで、(放射能が出ない、地震・津波に強い、ローコスト2円50銭
        /kw)のことです。みなさん、よければ調べてみてください!

  2. admin のコメント:

    使用核燃料を完全に処理できずに、地下に埋める というのは 仰せの通り
    人間が安全に原子力を使いこなせていないのだと 私も同感です。

  3. 千樹 のコメント:

    原発に反対です。私達はできるだけ、ゴミを出したくありません。ゴミは自然に返るものか、危険が伴わず安全に処理できることが大切です。エネルギーが使い終わったら、ただのゴミ…いや、未来を脅かす、危険窮まりないものになるなんて!311で原発の危険性を目の当たりにして、今まで何も考えず、その存在を許してきた自分たちの浅はかさを痛感しています。便利だからと大切なことに目をつぶって取り入れると、未来が、子供たちが、我々がいなくなった時に大変な目に合うかもしれない…そういうことを一番に考えて生活していきたいと思います。持続可能なエネルギーは存在するのでしょうし、エネルギー先進国、スウェーデンなどの現状を参考に一般主婦としてみんなで情報をシェアしてエネルギーに関する理解を深め、これからの社会に反映させたいです。

    • 楠山祐輔 のコメント:

      トリウム原子力と超小型原子炉は放射性廃棄物はナシです。

      • admin のコメント:

        「トリウム溶融塩炉」「超小型原子炉」についても情報にふれていく予定です。

        • 楠山祐輔 のコメント:

          ビッグニュースです!なんとイギリスの13歳のジェイミー・エドワーズ君が独学で核融合炉を作り上げたということです!約35万円の資金を集め、ファーンズワース=ハーシュ(通称フューザー)として知られる原子炉を作り上げたそうです。従来との違いは、磁場によってプラズマを封じ込めて加熱するのでなく、反応容器内で瞬間に高温を作る慣性静電場閉じ込め式です。

          • 楠山祐輔 のコメント:

            クリスタル発電機の発明者の阿蘇哲弘(山部弘史)先生の新核融合システムは画期的だと思います。「未来を創る部屋」というサイトで、ぜひ、みなさん調べてみてください!

  4. admin のコメント:

    ゴミを出さずに 自然の生態系の中に入って 生活していきたいです。その上で 安全なエネルギーを上手に取り入れられる社会にしていきたいという気持ちです。

  5. 楠山祐輔 のコメント:

    楠山祐輔です。こんにちは。1000円払い込みさしていただきました。4月号送ってください。よろしくお願いします。

    • admin のコメント:

      ありがとうございます。今月号は16日にメール発信予定です。よろしくお願い致します。

  6. 楠山祐輔 のコメント:

    北大工学部助手(工博)の水野忠彦先生の「核変換ー常温核融合の真実」を注文しました。楽しみにしてます。

    • admin のコメント:

      ジェイミー・エドワーズ君すごいですね!

    • 楠山祐輔 のコメント:

      北大出身の天才物理学者の能登谷玲子さんは放射性物質を非放射性物質に変えるという発明の特許をとられているそうです。「常温核融合用電極並びにその核変換による放射性、非放射性元素及び貴金属の製造方法」です。みなさんぜひ調べてみてください!

      • 楠山祐輔 のコメント:

        NHKのニュースで報道されていた次世代原子炉(ASTRID)ってどうなんですか?核変換を使った技術のようですが。また関西テレビのスーパーニュースアンカーでも女性のジャーナリストの方が次世代原子炉の話をしておられました。ネットで次世代原子炉を調べると4S炉(超小型原子炉)が出てきたり、ビル・ゲイツが東芝に協力して次世代原子炉を推進していくという話が掲載されてました。

  7. 楠山祐輔 のコメント:

    T.D.ラッキー博士の「放射能を怖がるな!」はたいへん興味深い本です。ラッキー博士は、この本で1年に100ミリシーベルトくらいの放射線はかえって健康に良いと主張されてます。

  8. 楠山祐輔 のコメント:

    二酸化炭素からメタンを作り出すアーキアというバクテリアに注目してます。青森県の海で発見されたそうです!

    • admin のコメント:

      バクテリアにはたくさんの可能性がありますよ!私も注目しています。

  9. 楠山祐輔 のコメント:

    昔見たキアヌ・リーブス主演の映画「チェーン・リアクション」のブルーレイの中古を注文しました。当時こんな水エネルギーが早く実現したらいいなあと夢描いたのを思い出します。そのときはスリル、迫力がすごくて、ドキドキして見てました。このような技術は「音響ルミネッセンス》や「ソノルミネッセンス核融合》または「バブル核融合》などの研究がされているようです。僕は政木和三博士の言ってらしたように、「欲望を捨てれば、この世に不可能はない」という考えなのでこれらの研究で何かポジティブなものがあれば、みなさん情報を下さい。それから2014年6月9日(月)発売のムーの7月号で水のエネルギーの特集が予定されているようです。楽しみです!

  10. 楠山祐輔 のコメント:

    未来世紀ジパングの【プラスチックを油に変える]という(株)ブレストの中島清さんの油化装置はすごかったですね!この研究を見て思い出したのは、日本量子波動科学研究所(本社大阪心斎橋)の倉田大嗣(くらた たいし)会長です。この方は廃プラ油化還元の研究を長年して来られました。その他、共鳴磁場でクリーンな原子炉も可能と言っておられます。また水を燃やす技術や究極のエネルギーである磁気エネルギーまた重力を殺す重力調整装置を開発しておられます。また、この方の本を復習しなければいけないかなぁと思ってます

  11. 楠山祐輔 のコメント:

    キアヌ・リーブスのチェーンリアクションを父と見ました。20年ぶりに見ましたがワクワク、ドキドキで、かなり疲れました。むっちゃ感動しました。父が20年くらい前から僕がフリーエネルギーに興味を持っていたのを知って、「お前、進んでたんやなあー」と感心してました。あの研究は結局、水に地球と同じ共振周波数(8HZ・シューマン共鳴)の音を共振させ、地球の宇宙エネルギーを熱などに変換させたのではないかと考えています。ジョン・W・キーリーの研究とも重なる気がします。みなさん、どう思いますか?

  12. 楠山祐輔 のコメント:

    ジョン・w・キーリーの「音とエーテル」の研究も勉強したいと思いました。

    • admin のコメント:

      水晶や音波についても、善なる方向性で使い方を研究すれば 将来有効な毒素のない技術になりますね。

      • 楠山祐輔 のコメント:

        水晶のエネルギーの研究はジョン・ハチソン氏のクリスタル永久電池や、ハチソン氏のご友人の阿蘇哲弘先生(山部弘史先生)のクリスタル発電機や、水晶発電としては品川次郎さんや内海覚照さんなどがおられるようです。僕が最も実用化に近いと考えているのは阿蘇先生の発明です。原材料費だけなら、40万から45万くらいでいけるよと、電話でお話をいただきました。クリスタルには圧電効果があり、この発明はカシミール効果を利用しており、暴走させると、直流1000ボルトまで発電するそうです。船井幸雄さんも見学に来られたそうです。

        • admin のコメント:

          40万から45万は現実的な金額ですね。現実化に向けて 私達の地球を大切にしながら、発展させていくことに最大限応援のエネルギーをエールを送っていきましょう!

        • admin のコメント:

          ジョン・ハチソン氏のクリスタル永久電池はすでに使える状態です。しかしながら、人々の意識や生き方が「利己的」ではなく「地球全体の共生」という意識に 追いつく必要があるということです。

  13. 楠山祐輔 のコメント:

    たかじんのそこまで言って委員会の過去の映像を見るとやっぱりオーランチオキトリウムってものすごい!新しい展開があったら情報をください!

  14. 楠山祐輔 のコメント:

    J-PAWARという日本の新型石炭火力発電は世界でナンバーワンらしくてすごい。NOXもSOXもほとんど出ないようです。二酸化炭素地球温暖化説が虚構でむしろ地球は寒冷化しているらしく、心配無いように思えます。

    • 楠山祐輔 のコメント:

      地球寒冷化に関しては、太陽活動や宇宙線、銀河系のスパイラルアームなどが原因として考えられるようです。地震の発生メカニズムも宇宙線、宇宙エネルギーなど、宇宙的レベルで考えなければ説明できないとドクター中松さんは言っておられます。

  15. 楠山祐輔 のコメント:

    ノーベル賞を受賞された小柴昌俊博士は、カミオカンデによって、水により反応をした、ニュートリノとぶつかったそのときの、わずかな光を増幅する装置を作っているそうです。太陽にそれを向けたなら、一発で壊れてしまうそうです。それくらい発電の量が多いそうです。これは浜松ホトニクス〈年商1000億円)の光電子増倍管や、電子を100万倍に増幅できる光センサーAPDと関係あるのでしょうか?このような技術、研究はとてつもない可能性を秘めている気がします。
    まさしく究極のフリーエネルギーといえないでしょうか?

  16. 楠山祐輔 のコメント:

    ムーの最新号見ました!ドクター中松の電子加熱固体高分子電解質水分解エネルギー装置と掲載されてましたので、調べると、特許公報第2631571号と第2584683と出てきたので、特許電子図書館で調べましたが、難しいのと、プリンターのインキが明日届く予定なので、プリントアウトして熟読してみようとおもってます。理解できるといいなあ・・・

    • 楠山祐輔 のコメント:

      特許公報第2631571号の論文〈15ページ)をプリントアウトしましたが、結局、技術の根幹が何を言ってるのかよくわかりません。一応、電気工学過程の専門士と第2種電気工事士の資格をいただいているのですが。もう一つの論文をプリントアウトしようとしたら、またプリンターのトラブル発生。明日、電気屋さんが来てくれるので、多分解決すると思うのですが、パソコンを使い始めて10年以上たつのですが、まだなれません。

  17. 楠山祐輔 のコメント:

    磁気浮上型風力発電、リニア風力発電システム、リニアジェネレーターエンジン、ヘキサゴンEタワーなどは可能性としては、どうですか?ドクター中松エンジンも空間の電磁放射エネルギーを入力として、浮遊した中心軸を回転さしていると雑誌に書いてありました。空気との摩擦以外、抵抗がないわけですから、真空チェンバーに入れるなどすれば、慣性の法則で回り続けるのではないでしょうか?右回りと左回りだとトルクに変化があると思います。インドアジェネレーターも、おそらく中心軸が浮遊しているので微風で発電するのでしょう。これらを希土類磁石を利用すると効率ももっと上がるのではないでしょうか?清家新一博士のメビウスコイルを入力に利用するといいかもしれません。

  18. 楠山祐輔 のコメント:

    水晶の潜在的エネルギーを、また改めて知りました。例えていうと、ガスコンロを使うとき、水晶などの圧電素子に圧力を加えると10000ボルトの高い電圧を持っている電流を発生させることにより、火花を出し、ガスに着火をする仕組みだそうです。みなさん知ってるんですか?ぼくは知らなかった・・・。凄くないですか?10000ボルトですよ!

  19. 楠山祐輔 のコメント:

    ローム株式会社や京大などが中心となって、【固体水素源型燃料電池システム」が、すごいです。軽量で小型で持ち運び可能で、20年の長期保存ができ、静かで、排気は水蒸気だけで、室内でも安心して利用できるそうです。みなさんもぜひ調べてみて下さい!ドクター中松さんもずいぶん昔に固形水素燃料を発明しておられたようです。「ドクター中松Hセル」だったと思います。ドクターの著書に図付きで紹介されていたと思います。これら以外の方の「固体水素燃料」の特許論文が特許電子図書館で6件ヒットしました。よかったら、検索してみてください。これらの技術などを見てみると日本は独立してやっていけるのでは、と思います。攻めと守りの両方を戦略としてやればうまくいくと思います。

    • 楠山祐輔 のコメント:

      ドクター中松Hセルの掲載されている書籍がみつかりました。中松義郎著の「政治を発明する」(山手書房新社)です。平成2年 第1刷の本です。P220によると、非常に小型のボタン電池のようだが、これは「ドクター中松Hセル」という名でこのHセルに大きい水素ボンベと同じ量の水素を貯蔵できるそうです。またいくつも接続可能なので、必要に応じ、いかなる量の水素も増加できるそうです。小型ゆえ持ち運びに便利で車などの積載量を減らすことはないそうです。

  20. 楠山祐輔 のコメント:

    ミズーリ大学名誉教授T.D.ラッキー博士は「世界のメディアの大半が放射線は全て有害であると思い込んでいる。もし、日本政府が2011年3月の地震と津波がもたらした福島原発事故への対応にあたってこうした思い込みに支配されるなら、既に苦境にあえぐ日本経済が途方もない無用な失費にうちのめされることになろう」と言っておられます。「放射能を怖がるな!》(日新報道)より。

    • 楠山祐輔 のコメント:

      ラジウム温泉、ラドン温泉は通常の200倍くらいの放射線が出ているとのことです。秋田の玉川温泉は岩盤浴で有名だそうですが、これも放射線です。風評被害でお客さんがめっきり少なくなったそうです。放射線は、実はそんな怖いものではなくて、間違いなく体によいそうです。

    • 楠山祐輔 のコメント:

      T.D.ラッキー教授はNASAのアポロ計画に協力された方で、地上の数百倍の宇宙放射線環境内での安全性を追及する中で、適度の放射線被爆は「人体に恩恵をもたらす」ことを発見し、”放射線ホルミシス効果”と名付けて世界に発表された方です。

  21. yukio tsukiji のコメント:

    3・11の大震災から、福島原発事故が発生して、一歩間違えば東京都民も避難を与儀なくされていた現状を安易に捉えてはなりません。垂れながした放射能を私たちの科学では回収不可能であり、自然に戻せないのです。

    日本は健康に害のある放射能で重度に汚染されている現状を理解されていないようですね。政府やマスコミは真実を伝えていません。原発を研究する多くの科学者も100%理解しているのではない。理解していないから、最終処分するのに10万年かかるのですよ。フィンランドに建設中の最終処分地を同じものを、日本では建設される予定はありません。

    現実に、福島周辺の子供たちに甲状腺ガンが異常な確率で発生しているのです。今も重度の放射能を垂れ流して、季節風などで関東周辺までひろがっています。政府が発表している安全であるという数値や、多くの科学者が安全であると言う根拠はあまりにも無責任です。

    今後も、放射能汚染による病人が増えるでしょう。私は、不安を煽っているのではありません。現実をお伝えしているのです。科学的根拠は、アーネスト・スターングラス博士です。博士は、米ソが核実験を繰り返していたころ、世界の子供たちが白血病やガンが急増していることを議会で発表しており、米ソの核実験停止条約が締結されたキッカケになりました。

    2006年に日本に来日して公演してます。

    アーネスト・スターングラス青森公演 で検索下さい。

    大切なことは、原発事故が無くても冷却蒸気や冷却水から報道されていない(分析されていない)低レベル放射能(内部被ばく)による乳児死亡率が検証されているのです。これは、アメリカの各州で、原発のある州と無い州での統計から導きだされているものです。日本はアメリカ・カルフォルニア州にすっぽり入ります。

    原発自体が現状の科学では分析され尽くされていないということです。自然の中からウランを掘り出し、素晴らしい高エネルギーを取り出せることを発見した人類は、使用したものの、引換に病気を発病させ、自然に戻すことが出来ずに、10万年放置しなければならないのです。現段階の科学レベルでは、原発を稼働すべきで無い代物であることを博士から学んでもらえたら幸いです。

    そのために安全なエネルギーを考えているのです。原発ではありません。新しい原発を考えているのであれば、今の放射能汚染を綺麗に、自然に戻してからにしてください。

  22. yukio tsukiji のコメント:

    追伸、
    アーネスト・スターングラス博士の公演アドレスに不具合があるらしく、上手くサイトへ移動しません。申し訳ないのですが、アドレスを消して、「アーネスト・スターングラス博士青森公演で検索してください」と訂正してくだされば、助かります。お手数かけます。 ただし承認してくださればの話ですが。

  23. 楠山祐輔 のコメント:

    日本の防衛に関して、テスラ・シールドやドクター中松のミサイルUターンシステムを今すぐ導入すべきです。

    • admin のコメント:

      ご意見ありがとうございます。 有効なものであっても「人の意識」」が追いつかないことにな「汎用システム」として使えないという現状を打破する為にも 知識の底上げをしていきましょう。

  24. 楠山祐輔 のコメント:

    とにかく、「地球を救う夢のテクノロジー 超安全小型原子炉で貧しい人達に電気と水を 服部禎男工学博士講演会報告(上)(下)のサイトをぜひ、ご覧下さい!考え方のパラダイムシフトがきっと起こるはずです。

  25. 楠山祐輔 のコメント:

    新刊・トリウム原子炉革命、長瀬隆著,注文しました。

  26. 楠山祐輔 のコメント:

    めざせ変換効率95%ということで、芦屋工業(山形県)と東北小水力発電(秋田県)が、フランシス水車の高効率化(発電出力~10000KW)に関する共同研究を行うそうです。(環境ビジネスオンラインより)

    • admin のコメント:

      フランシス水車は効率のよい水車ですね。 色々な箇所で 研究→実用までいくと良いと期待します。

  27. 楠山祐輔 のコメント:

    kindle版「マレーシア航空370便~隠蔽された真実とケッシュ財団の神技術」購入しました。
    著者はベリー西村さんで、明窓出版刊です。STAP細胞への量子医学的観点から、ポジティブな意見をのべておられます。ケッシュ財団についても、かなり書いてます。みなさんも、ぜひご覧下さい!

    • admin のコメント:

      ケッシュ財団。。
      本当に楠山さんは 通 です!
      お勧めありがとうございます。

  28. 楠山祐輔 のコメント:

    2014年10月23日からgaccoで「化学生命工学が作る未来」を受講する予定です。その授業では、新しい蓄電デバイスであるキャパシタのことも学べるようです。ぼくのもっとも興味ある不老不死のヒントも学べたらいいなと思ってます。

    • admin のコメント:

      キャパシタはリチウムイオンキャパシタとして 小型自動車にまず採用されていくと思いますよ。
      今月のメルマガで 小型自動車とエネルギーについて 記事を載せます。

  29. 楠山祐輔 のコメント:

    太陽光を2000倍集光!IBMの新型太陽光発電、80%を有用なエネルギーに変換することができるシステムを開発!(環境ビジネスオンラインより)。

  30. 楠山祐輔 のコメント:

    facebookの常温核融合グループに、入会出来ました。頑張って勉強したいと、思います!
    、このサイトから、こちらに良い情報を」お伝えしたいと考えております。ごきたいください。

    • admin のコメント:

      楠山さん 常温核融合グループ!
      すごいですね!ぜひ情報をお待ちしています!

  31. 楠山祐輔 のコメント:

    マグネシウム社会の未来、大丈夫だよ!心配ないから、小濱泰昭著、発行・日刊ゲンダイ、おススメの書籍です。

    • admin のコメント:

      大丈夫だよ!心配ないから というタイトルがいいですね! みんなで明るい未来を創っていきましょう!

  32. 楠山祐輔 のコメント:

    佐野千遥博士のamebaのブログによると、フェルマの最終定理に基ずくエーテルの厳密数学的存在証明を行なわれたたようです。ぜひ、アメブロのほうをご覧下さい!

    • admin のコメント:

      ありがとうございます。佐野先生の情報 いつもワクワクですね。私もたまに拝見しています。情報ありがとうございます。

  33. 楠山祐輔 のコメント:

    常温核融合グループによると、従来の核融合炉の10倍のエネルギーを生み出し原発よりもはるかに安全な核融合炉をロッキードが開発中、とのことです。

  34. 楠山祐輔 のコメント:

    佐々木剛著、「日本の海洋資源ーなぜ、世界が目をつけるのか」(祥伝社)、おススメの書籍です。

    • admin のコメント:

      「日本の海洋資源ーなぜ、世界が目をつけるのか」 皆さん お勧めだそうです☆ぜひ一読を!!

  35. 楠山祐輔 のコメント:

    富士色素株式会社が、世界で初めてアルミニウムを電極材料とした空気電池の二次電池化実現に成功したことを発表しました!

    • admin のコメント:

      富士色素株式会社がんばっていますね。
      日本の会社はなかなかどうしてすごいと思いますよ!

  36. 楠山祐輔 のコメント:

    facebookのフリエネ/オフグリッド情報のグループに入会することができました。またいい情報があれば、お伝えしたいと思います。

  37. 楠山祐輔 のコメント:

    三橋貴明著の「原発再稼働で日本は大復活する!」が届きました。いろんな人の意見を幅広く聞くタイプなので、どういう本か、まだわかりません。先入観を持たずに、ニュートラルな立場で読みたいと思います。新しい安全な原発について書いてあれば、うれしいのですが。

    • admin のコメント:

      そうですね。三橋さんのはあえてニュートラルに読まれるのが私も賛成です。感想もぜひコメントお知らせください。

  38. 楠山祐輔 のコメント:

    「放射線の正しい知識を普及する会」Webのサイトは興味深く、考えさせられるので、偏見を持たず、ニュートラルな立場でご覧になって下さい。価値観が変わると思います。

  39. 楠山祐輔 のコメント:

    facebookの「ラドンホルミシス健康法でどんな病気にも負けない」のグループに入会さしていただきました。安倍首相も、これで健康になられたそうです。一度、ご覧下さい!放射線に対する過度の恐怖がなくなるかもしれません。安全なエネルギーを考える会、の紹介もさしていただきました。どうぞよろしくお願いします。

    • admin のコメント:

      安全なエネルギーを考える会の紹介 ありがとうございます。ラドン治療や 各種鉱石治療で 水の浄化も含め有効なものが多数ありますね。

  40. 楠山祐輔 のコメント:

    「実は石油は無尽蔵にあることがわかっている」や「石油はあと8000年は大丈夫」というサイトを見つけました。そこで、石油産業活性化センターのサイトで、「画期的超クリーン燃焼を目指して!~NOx値10分の1を達成する高度燃焼技術開発~」などを見つけました。石油をクリーンに利用できる技術があるなら、素晴らしいことだと思いました。

    • admin のコメント:

      JAXAや宇宙技術開発の方々はクリーンエンジン開発に力を注いでいますね。

  41. 楠山祐輔 のコメント:

    facebookの「ケッシュ財団サポーター・フリーエネルギー研究会」のグループに入会さしていただきました。いい情報があれば、こちらにも発信さしていただきますので、よろしくお願いします。

    • admin のコメント:

      ケッシュ財団 面白いしすごいですよね。 あえてニュートラルな視点で 安全なエネルギーの会では ケッシュ財団の紹介はしていないのですが、一つのフリエネを広める為の形ではありますが、こういった財団を経由しなくても今後広がっていく技術が多く出てくると思われます。

  42. koma のコメント:

    樋に水車をつけて発電できないかなぁと思っています。

  43. koma のコメント:

    救荒食についても興味があります。たまに蓬とかも煙草にして飲みます

  44. 楠山祐輔 のコメント:

    ビル・ゲイツが投資するTWRという安全な次世代原子炉、すごいですね!YOU TUBEなどでも、検索すれば、見れると思います。ぜひご覧下さい!

    • admin のコメント:

      そうTWRは私もとても期待しています。ビル・ゲイツは悪く言われがちですが 真面目に地球のことを考えている面も多くありますよ。

  45. 楠山祐輔 のコメント:

    世界初、日本が海水からレアメタル・リチウムの抽出に成功、核融合発電の資源として利用可能という情報をYOU TUBEで発見しました。日本原子力研究開発機構(JAEA)です。

  46. 楠山祐輔 のコメント:

    佐野千遥博士のメービウス超電導回路に興味あります。簡単で、よくわかる情報欲しいです。よろしくお願いします!

  47. 楠山祐輔 のコメント:

    facebookの「大人の科学 フリーエネルギー」のグループに入会さしていただきました。いい情報があれば、こちらにも発信さしていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

  48. 楠山祐輔 のコメント:

    ハイパーカミオカンデ、すごく興味あります!フリーエネルギーに関係してくるでしょうか?わかりやすく教えてください!

  49. 楠山祐輔 のコメント:

    大人の科学 フリーエネルギー、のグループに若き天才技術者 長山竜馬さんという方がいらっしゃいます。まず、マルチアークで新物質をたくさん作り、いろいろやりたい事があるようです。単極S極磁場について、マイナスイオンを光速まで加速させ、質量を失い単極S極磁場になり、+イオンは単極N磁場になり、ファラデーを使い磁気を帯びないプラチナをかませ、単極磁場が簡単に作れるということです。僕も難しくて、少しわかるかどうかですが。詳しいことは、FBの「大人の科学 フリーエネルギー」をご覧下さい!こちらにも、「安全なエネルギーを考える会」のサイトを紹介さしていただいてます。長山竜馬さんをチェックしておいたらいいかもしれません。どうぞよろしくお願いします。

  50. 楠山祐輔 のコメント:

    安全なエネルギーを考える会さんに1000円お振込みさしていただきましたので、今後ともよろしくお願いいたします。

    • admin のコメント:

      ご支援ありがとうございます。確認させていただきました。一緒にフリエネ社会に近づけていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。