保護中: 汚染水4トン 海産物は大丈夫?


東京電力は10月1日、福島第一原発で、放射性物質を含む雨水がタンクから約4トンあふれたと発表しました。  東電によると、台風対策として午前10時40分ごろからH6エリアの堰(せき)内の雨水を別のエリアの堰内に移す作業を始めたが、ホースのつなぎ先がタンクに変更されていたそうです。  9月15日に調べた結果では「ストロンチウムなどのベータ線が1リットルあたり160ベクレル」の濃度。 続きはメンバーログインで

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

free-e

free-e について

人間には環境に本当の意味で無害なエネルギーを使用できる叡智があると信じています。現在の地球上にある安全でユニークなエネルギーの情報などをメールマガジンでご紹介しています。
カテゴリー: 原子力と日本 パーマリンク

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを表示するにはパスワードを入力してください。