保護中: キャパシタを活用した エコ電気カーの時代


キャパシタとはコンデンサの一種です。以前はコンデンサというと、一般の蓄電池より容量が小さいことから、局所使用のみでした。 しかし現在各国で開発が進み、地球上の大気汚染・放射能汚染・石油代替エネルギなどの観点から低公害エネルギーとして キャパシターの効率性や技術が注目されています。ニッケル水素バッテリーに比べてパワー密度が桁違いに高く、充放電のレスポンスが早いことからレーシングカー(車産業)などへの採用が始まっています。 Ultracapacitors 続きはメンバーログインで☆ 全文を読むには会員登録が必要です。会員になるには?(こちらをクリック)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

free-e

free-e について

人間には環境に本当の意味で無害なエネルギーを使用できる叡智があると信じています。現在の地球上にある安全でユニークなエネルギーの情報などをメールマガジンでご紹介しています。
カテゴリー: 安全なエネルギー パーマリンク

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを表示するにはパスワードを入力してください。