電力自由化を知ろう


~電力自由化を考えてみよう~

今まで:地域によって決められた東京電力/関西電力などの電力会社が、家庭に電気を供給していました。

現在:電力自由化の解禁により、選べなかった電力会社が選べるようになりました。企業がよりよいサービスを提供しようと努めることにより、従来の固定化された電力会社よりも お得な電気も選べるようになりました。

問題点:まだあまり情報が具体的に提供されておらず、どう選べばよいかが解りにくいこと。戸建ては比較的電力を選びやすい館環境ですが、マンションなどの集合住宅の場合、使用する電力会社が棟ごとに決められている場合がほとんどで、新しい電力の選択ができないケースがほとんどです。

新しい電力会社との電気の契約は、携帯電話の契約のように 一定期間使用することに承諾サインを求められるものがほとんどのようです。途中解約すると、違約金が発生する場合があります。

LPガスと電気のセットなど 割安で提供されている会社も多いようです。

地域ごとに電力会社が違いますので 電力会社比較サイト で地域の電力会社を調べてみるのもよいと思います。

ちなみに関東では 下記のような 電力会社があります。東電から脱出するのも勇気がいることとも思いますが、ガス会社 石油系会社 など 老舗も多く 皆さんが不安に思うほどの心配はないようです。停電なども 東電と差があるわけではなく しっかりとしたインフラ体制で提供できるようです。

エルピオでんき
(スタンダードS)
-5.8%
-2925円
-9.9%
-11022円
-10.9%
-14165円
-11.4%
-17049円
解約時の違約金も無料
myでんき
(まとめて400)
実質契約不可 +4.8%
+5297円
-7.9%
-10222円
-9.3%
-13964円
月400kWhまで定額
月365kWh以上使うと得
シュミレーターで要確認
Looopでんき +5.5%
+2776円
-2.4%
-2724円
-6.3%
-8196円
-9.2%
-13752円
26%が再エネ電力
東京ガス
(ガスとのセット割)
実質契約不可 -7.6%
-8423円
-8.4%
-10872円
-8.9%
-13362円
更にネットが最大300円/月off

特典盛りだくさん

千葉電力
(ミディアム)
-1.1%
-563円
-8.8%
-9805円
-8.7%
-11307円
-8.6%
-12913円
標準プラン
ENEOSでんき
(2年契約)
-0.7%
-334円
-6.8%
-7580円
-7.7%
-9997円
-8.3%
-12519円
給油が1円/L安くなる特典も

CO2排出量少ない

ミツウロコ
+1.8%
+912円
-6.2%
-6913円
-7.2%
-9408円
-8.0%
-12013円
使用量多い家庭で得

500kWh/月なら最有力

free-e

free-e について

人間には環境に本当の意味で無害なエネルギーを使用できる叡智があると信じています。現在の地球上にある安全でユニークなエネルギーの情報などをメールマガジンでご紹介しています。
カテゴリー: 安全なエネルギー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。