飲み水の環境を考える


飲み水の環境を考える  ~地下水と湧き水の情報 ~

今日はメンバーのmaririnです。

今回は私の引っ越して来た市のお水の情報をレポートし、お伝えします。

私の住む街は、水道の水が地下水が85%で、15%は川のお水です。

浄水場で塩素処理はされていますが、水道水のお水を冷やしておくと、買った天然水とそれ程変わらない位、美味しいです。 ぬるくなると少しだけ塩素臭があります。
このお水で、お米を洗い、お水で炊くと、ご飯が大変美味しいのです。

役所で上の湧き水マップががもらえます。

元々ずっと以前からこの地区では地下水を飲めているようですが、開発で年々地下水の量は減ってきていると、広報に書いてあります。
広報では、雨水貯水槽の取り付けに助成金を出すとお知らせがしてあり、各家庭や企業にも設置をお願いをしている様子です。

地下水は、じっくりと地中に浸透しないと貯まらなく、雨水がさ~と側溝に流れてしまうと、地下に浸透しなく、地下水ができないらしく、浸透性アスファルト舗装や、雨水浸透ますなどの設置にも助成金があります。
また、広報には環境に負担をかけない、洗剤を使って下さいと書いてあるのも見た事があります。
こうやって、市民に水を大切にする意識と協力を呼び覚ます為に、広報には適時お水の事が載っています。

さて、この街には土地に自然に湧いている、湧き水のスポットがいくつもありまして、いくつか写真を撮ってきました。(また次回のレポートで紹介します)

湧き水は、飲めませんが、綺麗なお水なので、わさびを作っている地区もあり、(個人宅で写真はありません)湧き水スポットは綺麗なお水がサラサラと流れて、見ていて癒されます。
住宅地の中にある湧き水には、昔から地元の人に大切にされている様子が分かります。神様が奉られていて、お水が大切にされているのが伝わります。
街には、住宅地を囲む様に水路に湧き水が流れている場所があります。
水は綺麗で、夏には蛍も見れると書いてあります。

その近くにクレソンの群生を見つけました。摘まんで食べてみたら、ピリッと辛い、まさしくクレソンです。
緑一面の写真はクレソンで、信じられない位の量です。
クレソンはお水が綺麗な場所しか育たないので、湧き水が綺麗なんですね。
群生を見つけて、嬉しくなりました。

さてそんな場所で暮らしているので、お水の恩恵に感謝して、私も、できるだけ排水を汚さない様にしようと努力をしています。
食器の洗い物の時には、汚れを軽く、小さな布で拭き取ってから洗います。
この先も、地下水を飲みたいので、小さな力ですが、やっていこうと思います。

以上、maririnが地下水と湧き水の情報をお伝えしました。 他のメンバーさんの地域環境情報もお待ちしていますね。

free-e

free-e について

人間には環境に本当の意味で無害なエネルギーを使用できる叡智があると信じています。現在の地球上にある安全でユニークなエネルギーの情報などをメールマガジンでご紹介しています。
カテゴリー: 北欧・ドイツ・環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。