エネルギー」カテゴリーアーカイブ

保護中: 日本の災害状況を理解する

現在の日本の災害状況を理解しましょう。今後の災害に備える為にも冷静な判断力が必要です。

続きはメンバーログインで☆ 全文を読むには会員登録が必要です。会員になるには?(こちらをクリック)


このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: エネルギー | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

保護中: 顔認証

スマートフォンの顔認証システムにつて

続きはメンバーログインで☆ 全文を読むには会員登録が必要です。会員になるには?(こちらをクリック)


このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: エネルギー | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

保護中: 第5世代 5Gについて

電波というエネルギーについて。5G と呼ばれる携帯電話のシステムが東京から導入されようとしています。

続きはメンバーログインで☆ 全文を読むには会員登録が必要です。会員になるには?(こちらをクリック)


このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: エネルギー | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

2019年の災害動向

 2018年を振り返ると沢山の災害がありました。西日本豪雨、 6月18日の大阪府北部大震災では電柱が800本以上折れ、友人のご両親が入院したのを鮮明に覚えています。
揺れの大きかった大阪市を中心に家屋の被害が相次いだほか、大阪府を中心とした関西地方の多くの交通機関がマヒして、多くの帰宅困難者が出ました。 関東のみなさんには情報が届いていなかったようですが小学校が1か月以上閉鎖になったり、水配給の車が来ていました(大阪)

夏の猛暑もすごかったですね。そして土砂災害では200人以上の被害者が出ました。
9月6日の北海道胆振地方中東部を震源とした、マグニチュード6.7の地震が発生したことも、ついこの間のことです。水害では関空閉鎖や広島では水害による土砂で生き埋めの方、使えなくなる駅などが出ました。

2019年の災害動向

2019年 現在1月は静かに終わろうとしていますが、1年間何もない、ということはまずありえないでしょう。このエネルギーの会の記事を読んでいるみなさんには、昨年の国内の動向を「対岸の火事」にしない。つまり自然災害が自分の町に起こりえる。のです。人ごとにしない心構えでいましょう。とお伝えしておきます。

小氷河期にすでに私たちの地球は突入しています。地面の割れから 地震、ヒョウがふることや、隕石の衝突さえも「想定内」です。

~いつも心構えを持ち、何かあった時に備えて「心」の準備をしておく~

現在2019年の1月は静かに終わろうとしていますが、2019年の1年間に災害が何もない、ということはまずありえないでしょう。

心の備えと人とのつながりを大切にしましょう。災害に役立つグッズなどもこの先、ご紹介していきますが、災害時にもっとも役立つのは 人と人との助け合いです。

カテゴリー: エネルギー | コメントする

むかわ町震災 報告

震度6強になり130人以上が避難生活を送っていた北海道むかわ町では、仮設住宅が足りなく、厚真、安平、むかわ町の総計ですが、仮設が93戸追加となりました。

北海道むかわ町は、地震以降の自衛隊による支援終了を受け、町内にある学校給食センターで作られた学校給食を、10月15日から平日避難所に昼食として提供していました。北海道というと遠く、実感がわかないかもしれませんが、ちょっと前までのことです。

むかわ町の避難所は10月中ごろまで約48人が避難生活を送っていました。

*******

一番困っておられるのは、高齢者や障害者の方々です。家を直して戻れる方は10月末までにある程度戻られたとのことですが、単身の高齢者の方が被災の場合どうしても行き場がなく、生きづらい状況になります。

10月から何度かお問合せをさせていただいた、役所の担当の菊池様のお話では

やはり高齢者のケアが最も深刻で、若い人は家を直して頑張ろうと気合を入れられても、高齢単身の方のケアが重要と言われていました。

今年は本当に災害が多い年でした。自分の町で被災していなくとも、人ごとにせず、助けあい&備えをしていただければと思います。

エネルギーの会からも震災の町へ直接の寄付をさせていただきました。上記町長さんからのお礼状です。少しでも早く住民の皆様の生活が安定するように願っています。

(会長記)

 

カテゴリー: エネルギー | コメントする

保護中: 2018年 地球の変化について

すでに4年以上前から、定期的に集中豪雨が発生し、日最高気温の国内最高記録が更新されています。異常気象は普通と思いましょう。

続きはメンバーログインで☆ 全文を読むには会員登録が必要です。会員になるには?(こちらをクリック)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: エネルギー | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

毎日おにぎり2個を捨てる日本人

皆さんはご存知ですか?食べのこし、もろもろ概算で日本人一人あたり約2個のおにぎりを毎日捨てている計算になるそうです。

先日 とあるチェーン店のお弁当さんで おにぎりを買おうと
ラップされたおにぎりの 成分表示を見ていたときのこと。

お店のお兄さん:あっ す すいませーん。
私:えっ 何でしょう?
お店のお兄さん:ごめんなさい、いまそれ捨てますから!
私:えっ 捨てちゃうんですか!?もったいない!
お店のお兄さん:おにぎりの裏を見られていたので、製造時間をチェックされているのかと思ったんです。
私:違いますよ 添加物をチェック(笑)してたのです。いつもチェックしてるので。
お店のお兄さん:そうだったんですね。いやーすみません。
私:いえいえ!

数時間おきに作りおきしたおにぎりを衛生上の都合で捨てなければいけないとのこと。
おにぎりやお弁当を安くして売り切ることも禁止されています。

コンビニなどでも食べ物の破棄は有名ですが、ここでも あそこでも と毎日ものすごい量の食べ物が捨てられています。
コンビニ・レストランだけでなく 家庭からの食品の廃棄も意外と多いとのことです。

そんなの知ってるよ! と皆さんは言うかもしれません。
しかし、皆さんは その「知っていること」を「良き方向に改善したい」と思っていますか。それとも現状仕方ない。でしょうか。

そして、日本人の食料自給率は先進国最下位

※資料:農林水産省

国内の2.6倍の農地を海外に頼っています。

日本が輸入している農産物を生産するために必要な海外の農地面積を試算すると、約1200万ヘクタールになるそうです。日本国内の田畑の面積を合わせると約469万ヘクタールですので、その約2.6倍もの土地が海外で使われていることになり、内訳を見ると、穀物や家畜のエサがほとんどです。

牛肉
私は肉を食べませんが日本人がたとえば、200gの牛ステーキを食べる場合、その牛肉のために必要なエサ(穀物)の生産には、約4000L(風呂約20杯分)の水が使われます。
日本で消費されている家畜のエサ(穀物)は、そのほとんどが輸入です。

私たちは「贅沢をしていない」と言っても、すでに社会の仕組み自体が「贅沢な仕組み」になっています。
その仕組みを黙って眺めているのではなく、
食べ物を残さない、食べれないものを無理にもらわない、また自分の食べれないものを無理に人に渡して、大丈夫と思うのもちょっとちがうかな。

安全なエネルギーを考える会では、「環境への思いやりを持ち、よくなりたちを考えて食する」文明の「次」のステップに思考へと移行していくことを推奨しています。

***本当に異常な時代****

まずイメージしていきましょう!どうしたら、毎日白米を捨てなくてよい社会になるのかを考えてきましょう。
昔の殿様でさえ このように白米をポンポンと捨ててはいなかったでしょう。

行いは帰ってきますから、都市に住む方は共同責任で食べ物を捨てる行為はどうしても都市全体にかかってきます。

いくら贅沢していないといっても 私たちの暮らしは すでに 殿様仕立てです。

「贅沢な仕組み」を黙って眺めているのではなく、知らないふりをするのでもなく
食べ物を残さない、食べれないものを無理にもらわない、愛を持って食するの「次」のステップに思考と思いやりを運べる人 行動できる人になりたいですね。

**
世界に飢餓の国があったり ホームレスでご飯が食べれない方がいるのは
町があまりにも安楽な都市生活を維持し続けるせいかもしれません。
どの町に住むか、どういう食品の取り入れ方をするか、皆さんの選択は非常に責任のあることです。
皆さんは生き物としてその町の生態系に入りますから 自分では捨てていないつもりでも責任は発生します。

カテゴリー: エネルギー | 1件のコメント

問題点のすり替え?Co2問題

問題点のすり替え?二酸化炭素CO2の真実

日本で、現在年間¥8,000億円予算を使用し、多くの研究や、支援団体などに支援・助成していて、地球温暖化の加速を止め、地球の環境を良くしているとTVや新聞などで報じ、世界でも多くの人が信じています。

現在、世界の常識とされている内容が下記です。
1992年に世界は、国連の下、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを
究極の目標とする「気候変動に関する国際連合枠組条約(United Nations Framework Convention on Climate Change)」(以下「国連気候変動枠組条約」とする。)を採択し、
地球温暖化対策に世界全体で取り組んでいくことに合意。
同条約に基づき、1995年から毎年、気候変動枠組条約締約国会議(COP)が開催されています。
また、1997年に京都で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)では、
我が国のリーダーシップの下、先進国の拘束力のある削減目標(2008年~2012年の5年間で1990年に比べて日本-6%、米国-7%、EU-8%等)を明確に規定した「京都議定書」(Kyoto Protocol)に合意することに成功し、世界全体での温室効果ガス排出削減の大きな一歩を踏み出した。

国連や日本政府を始め多くのマスコミが提示しているこれらの報道が本当に正しく、地球の環境が良くなるのか、今回皆さんに知ってもらいたい、内容があります。

結論は、CO2増加は地球温暖化にはほとんど関係なく、異常気象に何ら影響しない事実は日本のマスコミでは、ほとんど伝わっておらず、過去のデータをねつ造し、政治的な要素が強い感じです。

「有害物質」と「熱の排出」 と「機械的な自然破壊」

地球環境を悪くしているのは、「有害物質」と「熱の排出」 と「機械的な自然破壊」地球の大気汚染は、大気中の窒素酸化物・硫黄酸化物・浮遊粒子状物質・放射能物質の複合的な重なりによって、広範囲に広がろうとしています。

酸性雨・森林伐採・農地開発・河川の大量取水

現在、世界中で進行する砂漠化の原因は、酸性雨・森林伐採・農地開発・河川の大量取水にあり、CO2や温暖化とは全く関係ない。

もともと、地球大気の0.03%を閉めている重要な物質である、CO2を大気汚染物質と呼称する向きもあります。

人間は、呼吸の都度にそのCO2大気を吐き出している。それはあらゆる生物が体内で生産し呼吸によって放出する物質であり全ての植物が光合成を行って生きるために不可欠の生命維持活動物質です。CO2・二酸化炭素自体は汚染物質ではないのではないでしょうか?

もっと大切にすべきことを見過ごしている、見ないように誘導されてはいないでしょうか?

真実を知ることで、的確な対応が出来、明るい未来の地球を創造できると信じています。

地球温暖化の真実その1 You Tubu 30分

地球温暖化の真実その2 You Tubu 17分

カテゴリー: エネルギー | コメントする

微生物を利用したセシウムの変換

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/eCXBNWuNODI” frameborder=”0″ allowful

カテゴリー: エネルギー | コメントする

保護中: 量子テレポーテーション

国立標準技術研究所(NIST)の物理学者はレーザービームを利用し、別々の原子間で、量子を別の原子に転送することに成功しました。

続きはメンバーログインで☆ 全文を読むには会員登録が必要です。会員になるには?(こちらをクリック)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: エネルギー | コメントを読むにはパスワードを入力してください。