原子力と日本」カテゴリーアーカイブ

原発反対?

出会った方に「安全なエネルギーを考える会」さんは

原発反対ですか?と 聞かれることがあります。この質問への回答は

回答は「原子炉を利権にからめてむやみに増やすことには反対」ですが「原子力発電に自体に反対しているわけではない」となります。

原子力に関しては、原子力発電提供側が ウランの後処理技術が追い付かないうちに普及させてしまっていることに問題がある。ということを認識し、どうしたらよいかみんなで考えてみる。これが安全なエネルギーを考える会の考え方のスタンスです。

現在地表にある原子力発電所の原子力発電は「車の運転で出来ない人」が「事故があった場合に対処するすべを持たない人」が 車でいうと無免許で運転しているような状態が否めない面がまだまだあります。

これは普通に考えればわかるモラルを優先せず、人類が目先の利益で物事を決定した結果です。

潜水艦なども含め、原子力発電が すでに大量に地球上に出回っている以上は

単に反対することなど許されません。ぽいっと捨てて終わりにできるものではないのです。「ウランの後処理技術」「ウランを安全に使うテクノロジー」の開発が不可欠であるからです。

「地球」と「未来の人類」「地球上の他の生物」への責任として 原子炉の後処理技術をみいだせる、「原子力開発者」「原子力研究者」をむしろ育てていかなればならない。

ということは日本や世界の大学の原子力研究系の工学部が平和的知性と智慧を得ていくよう、応援していくスタンスです。

やみくもな「原発反対」団体との大きな違いを ぜひご理解下さい。

2015年に ****認識しよう  稼働26年 廃炉90年****の記事

https://aqua-earth.org/blog/2015/09/genpatu/ でも 考え方 洞察をご紹介しています。

もう現存する原発はすぐには消せないわけですから、私達は原発と共に地球に生きるということになります。

私達の社会がよりよくなっていくにはどうしたら良いのかを考察する力を養う為の「知識」を身につけていく、考える能力を培っていく為に メールマガジンを年間購読していただいています。

本当の洞察なく付け焼刃やその場の感情だけで行動しても 環境問題は改善していきません。

冷静な洞察と静かな情熱とでもいいましょうか、そういった忍耐を要する、よき地球を願いあきらめない力を メールマガジンをお読みいただく皆さんに養っていただければと考えております。

2014年に 環境紙芝居 サケの贈り物 2014

上記のリンクは 私達が制作した「ダムとサケの遡上の 子供向け紙芝居」です。

このダムとサケのお話も、創ってしまったダムはすぐに消せない、鮭は産卵で遡上したいがダムのせいで川がない、では どうしたら良いのか それを 考えて実際に 人類が解決方法をみいだした実話をテーマにしております。

「解決能力を養う力をつける」という観点において お子さんだけでなく 親御さんにも ぜひ見ていただきたい紙芝居です。

メンバーさんの方で 自分のお住まいの地域、地元でも紙芝居を出前してほしい というご希望があれば、出張可能な範囲であれば ご相談し 出向くことは可能です。

まずは 楽しい そして 不思議な 世界に実在する エネルギー情報を 楽しんで読みものとして ワクワクしながら 読んでいただきたいと思います。

そして 人間って捨てたものではないな、と 人間と地球に よい未来を夢描いていただきたいのです。

希望のある研究や 実在する ニュースで報道されない 今までにない情報を「知る」というだけでも 私達の地球の良い未来を構築していく 一助となります。

地球への明るい未来構築を希望される 「静かな情熱」をもつ メンバーの皆さんに支えられ、エネルギーの会が維持できていることに 心より感謝申し上げます。

安全なエネルギーを考える会が 目指していることは コントロールされた情報に乗っかって生きるのではなく、自分自身で情報選択のできる人 深い洞察のできる人 考えられる人になっていくそこ力を身につけていくことです。その為に ニュースで教えてくれない情報を、メール会員さんに提供しています。

本年度もメールマガジンを引き続き、申し込みいただいた皆さまに あらためて感謝申し上げます。本年度もよろしくお願い致します。今年もワクワクする世界のワールドワイドな情報をメールでお届けしていきます!!

会長より

 

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

アースデイ(地球の環境へアクションを)

地球の環境を考えて、自分に出来る範囲のアクションを起こしてみませんか?

4月22日世界175か国で5億人の人たちが行動します。

ゴミを拾うのも、あなたの周りの植物や動物たちを大切にすることの1つ。

すべての人が、同じ輪の上で自由に起こせる、世界初でおそらく唯一のアクションがアースデイです。代々木公園の近くの人は、4月22日・23日アースデイ東京に参加できます。

色々な活動に耳を澄ませて賛同するのもよし、自分の箸、容器持参で農薬を使わない、環境に優しい作り方に賛同して、美味しい食べ物を食べるのも良し、容器は洗える施設があります。

世界の人たち5億人と心を一つにして、自由に母なる大地、地球へ感謝をこめて、何かアクションを起こしてみることは 私達の地球を良くすることに繋がります。

 

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

ケッシュ財団

ケッシュ財団

Keshe財団は、核技術者のMehran Keshe によって設立された独立した非営利·非宗教団体です。

プラズマ反応器を使用することにより、新たな科学的知識、新技術や飢饉、水不足、電力供給の不足、気候変動、および疾患のような主要な地球規模の問題への新たなソリューションを開発することを目的としています。

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

3.11のトイレ現場の声から学ぶ&コンポストトイレ使ってみました。

3.11のトイレ現場の声から学ぶ&コンポストトイレ使ってみました。

haisetu2016今、災害時のトイレ衛生対策に本気で取り組まなければならない。

この下記のリンクは3.11被災時のトイレレポート、Pdfファイルです。(スマホの方はお気をつけください。)このリーフレットを読むと 災害時に どんなにトイレで皆さん困ったかがよく理解できます。

http://www.toilet.or.jp/toilet-guide/pdf/311.pdf

エネルギーの会では、自己処理型の簡単にできる コンポレストイレを紹介しています。

compo

http://aqua-earth.org/blog/2016/04/asazumitoilet/

6月に試作した時の様子です

http://aqua-earth.org/blog/2016/06/compost/

今回早速、コンポストトイレで○○。使用実験しました。

段ボールでコンポレストイレを作成しましたので、私の場合体重が重いので×△㎏。段ボールだけでは、私の体重を受けられず。。。中に、バケツで 支えになりちょうどよかったです。

20リッターのバケツだけでも、緊急時はOK

~におわない!!~

前回ご紹介したコンポレストイレ4~5日で素晴らしい、消臭効果です。本当に驚いています。枯れ葉と麻炭など・・・。そして自然に戻せるのです。

どうして、消臭効果があるのだろう、トイレ消臭の化学式は???(笑い)

会社や渋滞など日々の緊急用トイレ 凝固剤で固めるタイプもありますね。

避難場所で造る段ボールトイレ。ビデオで解りやすいです。

https://www.youtube.com/watch?v=FBzOlDwUaYw

もう準備されている方もおられるかと思いますが、日ごろから、緊急時のトイレを考えておくことが得策です。 1日分 1回分 ではなく 1週間 2週間使えるものを準備しましょう。

 

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

菅直人氏伊方再稼働に反対

kan2愛媛県伊方町 伊方原発 脱原発を 菅氏

マイクを手渡され、「伊方原発をなんとしてもなくしていきたい。日本のすべての原発をなくしていきたい。それが5年前の3・11の福島原発事故に総理として取り組んだ結論であります」と演説。

菅氏は福島原発の現在の状況について、「安倍総理はアンダーコントロールといっていますが大うそ、どんどん放射性物質を海に流している」という。

「伊方原発が同じような事故を起こしたら下関と淡路島の狭い海峡に覆われている、いわば内海とも呼べる瀬戸内海が死ぬ。こんな危険な原発は廃炉にするべき」と批判し、「漁協や海で働く人など、もっと多くの人が危機感を持ってこの活動に参加してもらいたい」と訴えた。

批判の矛先は再稼働に同意した愛媛県や伊方町にも。伊方原発は50キロにも及ぶ佐田岬の付け根にあり、陸路で避難する場合には、原発近くを通らなければならないと指摘した上で、「(事故時に)逃げることができないことがはっきりしている原発をなぜ止めようとしないのか。知事や町長の責任は極めて大きい」と述べた。

情報元 産経新聞

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

アメリカ兵の被ばく

震災時の 三陸沖のアメリカ兵の極端な被ばく状況。

縦揺れの後、横揺れが来るのが通常なのが 縦揺ればかりであったという事実。

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

防災対策をしよう!

備えあれば憂いなし:避難編

地震や水害など何を準備すれば良いか、検討されているなら
まずは、住んでいる自治体が作成している防災ガイドブック、常にすぐ手に取れるところに準備しておくのがお勧めです。

勤めで家から離れている人は、勤め先の自治体のガイドブックも準備するのも良いと思います。

私も、近くの自治体(市役所)でもらってきました。
sagamihara
sagamihara2

フムフム、これはすごいコンパクトに良くまとまっているな~・・・。

どんな時に、どこに避難すればよいか
 要チェックです。

====避難場所の種類===

一時避難場所

地震に伴う火災などが近隣に発生した場合は、自治会や家庭などで決めている一時避難場所(空き地、小公園、学校等)に避難し、いったん様子を見ましょう。

広域避難場所

地震時に同時に火災が発生し燃え広がった場合
市の指定する広域避難場所に、市や自主防災組織などの指示に従い避難しましょう。

地震などで家が倒壊、焼失した場合の避難所
市立小・中学校などに開設される避難所に、市や自主防災組織などの指示に従い避難しましょう。

福祉避難所
避難生活において、特別な配慮を必要とする人を対象とする避難所です。
避難所等での生活が著しく困難な人を対象に、本人の状態や避難生活の状況、福祉避難所の開設状況や受入可能な人数等を踏まえ、市災害対策本部(災害時要援護者支援班)で受入の調整を行った上で、避難。

拠点救護所と救護所

大きな災害で、大勢の負傷者が予想される場合は、市内に救護所が開設されます。ちなみに相模原市では

相模原メディカルセンター 中央区富士見6-1-1
相模原南メディカルセンター 南区相模大野4-4-1
相模原北メディカルセンター 緑区西橋本5-3-21 など。

皆さんも 地域の避難場所 救護所 自宅からの経路を 徒歩何分で行けるか どの道を通るかなど 事前にチェックして地図で 家族とナビしておきますと、よい備えになりますよ。

syu

tukiji

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

地震 縦揺れ 横揺れ

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

2016年 5月 放射能情報

housyanou20165

housyanou20165fukushima

housyanou20165tochigi

2016/05/31の福島及び栃木の放射能情報です。

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする

福島甲状腺ガン20倍~50倍も

koujyousenkensa

福島県では3.11以降甲状腺ガンの調査を行っています。

調査は事故当時18歳未満だった福島県民全員、約38万5000人を対象に、段階的に実施。

同年齢の日本全国での1年間あたりの発症率、100万人あたり3人程度といわれる 日本平均と比較した場合、(2011~13年度に検査を受けた約30万人について)

福島市と郡山市の間で約50倍
福島原発周辺地域で約30倍、少ない地域でも20倍。

2013年調査のいわき市で約40倍、潜伏期間を考慮すると発症率がより高いとみられる
ケースもあります。

カテゴリー: 原子力と日本 | コメントする