安全レシピ」カテゴリーアーカイブ

体によいレシピやデトックスレシピ 麻炭を使ったレシピ(麻炭の多孔質 備長炭の4倍吸着を活かしデットックス排泄を目的としたレシピ)

炭の体内浄化の デトックスの参考にしているのは アガサ・スラッシュ医学博士の文献です。

サーモンにも麻炭

サーモンもデトックス

12月はごちそうを食べる機会が多いですね。クリスマスの料理や宴会、パーティなどなど。

お魚を食べる場合、例えばサーモンなどの養殖魚を選んだ場合は、かデトックスが必要になります。

基本養殖魚は 魚を病気にさせない為にいけすに投与する薬の量が非常に多いです。

プラス海洋汚染が昨今てんこ盛りですから、栄養を摂取しているのか、毒素を摂取しているのかわからない位のレベルですが

もし養殖魚を食べる場合は、麻炭をかけたり、ゆで汁を1度捨てるなど食材デトックスをしてからいただくようにしましょう。

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

あさりにも麻炭

あさり料理のデトックス

麻炭+塩をあさりと一緒に入れる

写真は 国産、熊本産のあさりです。あさりを調理前に塩水でよく洗い

鍋に入れたあさりに、麻炭と塩を少量を入れ、火にかけます。

あさりを5分煮たてた写真

5分ほど煮立てたら、一度 ゆで汁を捨てます。

海洋汚染のない昔ならば、そのまま使えるのですが

現在は ○○能、重金属 もろもろ、、沢山吸い込んでいる場合が多い為、麻炭入りの1回目の煮汁は思い切って捨て、再度水を入れて煮たてたものから ダシとして味噌汁やパスタの具、スープ等に使用をお勧めします。

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

麻炭 食卓にちょこっと

麻炭を工夫して食生活に取り入れています。

塩コショウ入れに入れて食卓に置いておくと丁度よいですよ☆

これは玉ねぎのスープに鰹節をかけたものです。

鰹節の重金属やセシウムなどなど。。のデトックスで パラパラと上から振りかけています。

塩コショウ入れ♪に麻炭を入れるとすっごく便利です☆ ぜひお試しあれ☆

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

簡単麻炭ホットケーキ♪【サンド風】

簡単 麻炭ホットケーキ(宇治抹茶ソースがけ)のご紹介です。

材料:(2人分)

ホットケーキmix 約100g

水:100cc

麻炭 大さじ1

MEIJIYA  宇治抹茶シロップ 少々

*********

○麻炭とホットケーキの粉をまぜて 水をいれて だまがないようにまぜます。

 

○ホットプレートで焼いたら

○トップの写真のように宇治抹茶シロップをかけて出来上がり♪

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

麻炭トッピング ピザ♪

asazumipizza麻炭をピザにトッピング♪

普通のマルゲリータピザ♪に

カイワレ大根と麻炭をトッピングです。

 

麻炭を家庭で夕飯などに応用して出そうとすると

炭がモサモサしてしまうと

家族が食べてくれないケースもあります。

軽く粉チーズと一緒にふりかけたりすると 子供たちも抵抗なく パクパク食べてくれますよ☆

お父さん(旦那さん)にも☆ 食を通して常にデトックスしていきましょう。

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

麻炭で野菜をデトックス

hourensoutoke皆さん 普段スーパーでお野菜を買った後、すこし保管しておいたら、ドロドロに野菜が 溶けてきた。。。

そんな経験はありませんか?

この野菜は近くのスーパーで買ったほうれん草がドロドロ化してきた写真です。

「味よく 見た目よく」 を目標に 販売目的の野菜は

本来の自然な野菜の育ち方ではない 速成栽培型の成長をさせ、いろいろな 弊害をもっているものも多いです。

異常に大量に「牛糞」や「鶏糞」を土に仕込んだ野菜はその不自然な育ちから 窒素が多量に含まれる 体にわるい野菜に仕上がります。

土から吸い上げた成分が「硝酸性窒素」になっている場合もあり、これは体に良くないものです。

しかし、購入してしまったお野菜 捨てるのもかわいそうです。

そこで お野菜供養もかねて 麻炭でデトックス。

「ほうれんそう おまえさんも 本当は ドロドロに溶けたくなかったであろう~♪ 毒よ抜けて本来の姿へ戻れ~♪」 そんな 鼻歌を歌いながら ほうれん草を 麻炭と水で 一晩付けます。

朝、様子をみてみると ほうれん草 昨日より元気になった様子♪

hourensouasa皆さんも もしドロドロになりかけた野菜を発見したらぜひお試しを!

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

麻炭冬瓜 サラダ(なます)

お正月にも 夕飯のおかずにも 美味しく デトックスできる一品です☆

1 冬瓜の皮をむき、短冊切りにします。
tougan1

2  切った冬瓜に塩を少々ふります。

3  2の水気を切り、お酢を大さじ2&麻炭小さじ1をあえます。そしてミカンの皮を短冊に切りあえる&上にトッピングします。
asazumitougan
4 最後に食べる時に オリーブオイルかごま油をかけるとより美味です。

tougannamasu2016
ポイント:スライサーなど使いたい方は使ってもOK。
太く切っても薄くスライスしても美味しいですよ。

 

 

 

 

材料:

冬瓜 約1/4
塩ひとつまみ
酢大さじ2
麻炭 小さじ1
ミカンの皮 少々

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

麻炭三段押し寿司

2016年がみなさんにとって素晴らしい年となりますように!

sushi3-3

麻炭押し寿司の作り方
==レシピ==
材 料(約1人分)

ご飯(約)180g
麻炭 小匙1
フジッコのような昆布づけ 
ふりかけ(写真のものは彩りを考え、たらこふりかけ)
ゆかりなど(上記のフジッコも含め3種類=三段分のまぜもの
押し寿司の型(最近はスーパーや100均でも手に入ります。写真のすしは直径6cm正方形。

作り方
1.ご飯に少々の酢を混ぜます。(酢はお好みで)ご飯を90gずつ 3つに 小分けにします。
2.1の3つそれぞれを 美味しく楽しく3色の混ぜご飯にします。フジッコのような昆布づけは麻炭とまぜて黒い混ぜご飯にします。
3. 2の三種を順番に押し寿司の型に順番に詰めていきます。 お皿に出して出来上がり!
point:好みによって一番上の段に寿司用の刺身やじゃこをのせても美味しくいただけます。お揚げをきざんでのせたりもおいしい食べ方。食品のもろもろのデトックスは 麻炭の段の寿司で補います。

sushi1-2
正月用は酢とお湯で湯がいた菊の花と寿スティックで上部を飾っています。

01120001

01120001

01120001

01120001


       これは一番上に お揚げのトッピングをしたものです。
お揚げのかわりに サーモンや ままかりなどでも 美味しく見た目もよいですよ。

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

麻炭大葉の香り巻き♪

おいしく 楽しく 放射能対策♪お酒のつまみにも ごはんのおかずにも どちらにもピッタリ☆
kaorimaki7

==レシピ==
材 料(約3人分)

大葉(大)15枚
もろみ味噌120グラム
麻炭 大匙2

作り方
1.1.大葉を洗います。柔らかくするため、ざっと熱湯にくぐらせます。
2.味噌を炒めて♪ と言いたいところですが 忙しい主婦の味方♪ 手抜き料理で 出来合いの「もろみ味噌」を使用します。
kaorimaki1

3.もろみ味噌に麻炭をまぜます。
kaorimaki3
4.3の味噌を大葉の裏、広い葉の方から味噌を乗せ、くるくる巻きます。端の葉を少し折り込んで味噌のこぼれを防ぎます。
kaorimaki5
5.串に刺して出来上がり♪お酒のつまみにも ごはんのおかずにも どちらにもピッタリ☆ ご家族にも一ひねりおかずでよろこばれますよ~。所要時間は15分くらいでしょうか。
kaorimaki6

ポイント:通常最後に油で揚げる方法が一般的ですが 油が酸化するので控えた方法のご紹介しています。
大葉を湯にくぐらせる他、酵素や麹につけておいてやわらかくする方法もあります(注:あまり長く漬けると葉が弱くなります)

——————————
炭の体内浄化の デトックスの参考にしているのは アガサ・スラッシュ医学博士の文献です。
下記

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする

麻炭手毬寿司

taitemari

写真の寿司は
家庭で握った「麻炭手毬寿司」です。

先に ワサビに麻炭をねりねり して ペーストを作っておき、寿司ネタの下に塗り込みます。
そうすると ご家族の皆さんも 自然にパクパク食べやすいですね。

レシピ☆
====
約3人前
真鯛(刺身用) 200g
酢 適量(真鯛に)
オリゴ糖 適量(真鯛に)
玄米ごはん200g
寿司酢(ごはん用)
大葉
麻炭&市販のわさび

1 真鯛を切り、お酢とオリゴ糖に30分位つけておきます。
真鯛は冷凍庫に30分いれてから切ると切りやすい。お刺身よりやや薄めに削ぎ切り。

2. 寿司飯を作る。 玄米ご飯がたけたら寿司酢を入れすばやく混ぜる。

3. 市販のわさびと麻炭をあらかじめ 練ってまぜておきます。

4.寿司飯を一口サイズに握り、上に麻炭わさび&大葉&真鯛をのせてギュっとにぎり完成。
(握り自信のない方は ラップで包んでギュツ っとしてみましょう。)

麻炭わさび?  なぜそんな必要があるか?については
先月記事「魚と放射能」をご参照ください。
http://aqua-earth.org/blog/2015/09/sakanatabereru/

——————————
炭の体内浄化の デトックスの参考にしているのは アガサ・スラッシュ医学博士の文献です。
下記

カテゴリー: 安全レシピ | コメントする